大土井秀樹税理士事務所

岩国市で税務調査に強い税理士をお探しなら大土井秀樹税理士事務所にご相談下さい

  • ごあいさつ

    「顧客第一主義」の精神をモットーに租税正義を貫き、経営者の良きパートナーとして企業の繁栄を願い、
    持てる能力の全てをご提供することを使命とし、広く社会に貢献します。
    これは、以前、私が顧問契約をさせていただいていた会計事務所の経営理念です。
    私もこの経営理念に共感し、実践したいと考えております。

    長年の国税職員(平成28年に定年退職)として培った知識と経験を活かし、
    顧客の皆様のご要望にお応え出来るよう全力で取り組んでまいります。

    当方は、税理士業務に専念しておりますので、税務相談、税務代理、税務書類の作成が主な業務となります。
    また、税務経験のない税理士の皆様にも、適宜、適切なアドバイスをいたしますので、お声掛けいただければ幸いです。

こんな方におすすめ
現状の経理処理方法で税務調査い対応できるか不安な方
帳簿・書類の点検、模擬税務調査の実施いたします!
税務調査の通知があったが、どの様な対応をすればよいか不安な方
税務代理(調査立会)して適切に対応いたします!
調査結果の説明を受ける前に助言を受けたい方、税務処理を受けたが不満が残っている方
処理の妥当性、適法性を確認いたします!
  • H30.6.13 岩下先生の研修会

    東京税理士会所属の岩下忠吾先生の平成30年度の税制改正の実務研修を受講しました。
    今回の税制改正が生活に大きく影響するような改正とは思えませんでした。
    でも、資産税関係の事業承継税制の改正は、後継者への事業承継支援ということでは随分進歩しましたね。
    ただし、贈与・相続した株式相当額の贈与・相続税の納税猶予ということなので、これらの株式相当額が相続時の相続財産であることには変わらないということに注意する必要があるようです。
    株式だけが相続財産ではありませんよ、相続時の課税対象資産は、これらの株式を含めた全財産で税額が計算されるということが重要なポイントであると感じました。
    相続を心配されている方は、今現在の全資産の把握から考えましょう。

  • H30.4.27

    今日は、小池先生の研修に行ってきました。
    平成30年度の税制改正のポイントについての研修会です。
    平成30年3月決算から所得拡大税制(雇用促進税制)、新設法人は適用できないので注意を!
    事業承継税制の特例の創設(10年間)、今までの事業承継税制との二本立てとなります。
    税制の改変が目まぐるしく、間違えないようにしないと大変です。

  • 2018.4.10

    今日は、熊王先生の研修会に行って来ました。
    来年10月からの消費税アップと軽減税率についての勉強です。
    外食産業様、施行までに売上の区分を①店内売上、②持ち帰り(食べ残しを除く。)、③出前、宅配に分けて経理する練習をする必要がありますね。(当方の第一感想でーす。)

  • 2018.4.4

    大土井秀樹税理士事務所のホームページを公開しました。
    初めてのホームページ作成なので不備は多いと思いますが、よろしくお願いいたします。